• Eiki Sato's
    Animal Documentaries

    『どうぶつ奇想天外!』(TBS)の

    ディレクターを12年以上務め

    100本以上のVTRを手掛けた

    動物ジャーナリスト佐藤榮記が

    製作する動物ドキュメント映画の

    公式サイトです

     

     

  • 最新情報

     

    2018年3月6日(火)

    衆議院議員会館にて

    動物愛護福祉法改正の為、

    緊急院内集会が行われます!

    不肖わたくし佐藤榮記も

    展示動物についてお話させて頂きます。

    http://www.arcj.org/information/00/id=1242

     

     

    唐突に申し訳ございませんが、

    『妊娠ストール』って

    ご存知でしょうか?

    http://savemotherpig.arcj.org/satoeiki/

    動物愛護に関する様々な活動を展開する

    アニマルライツセンター様が

    今、この『妊娠ストール』を廃止する

    キャンペーンをされていまして

    私も、そのキャンペーンに賛同しております。

    非常に大切な話でございます。

    http://savemotherpig.arcj.org/satoeiki/

    どうかご一読ください。2018年1月24日 佐藤榮記

     

     

     

    昨年末12月23日の上映会は体調不良により

    会場にてご挨拶すらできずに

    大変失礼致しました。当日、ご多忙の中、あるいは遠方よりわざわざ足をお運びになってくださった皆様にこの場をお借りして謝罪と御礼申し上げます。

    また、当日、私のフォローをしてくださった小林さん、安田さん、界さん、山添さん、湯澤さんを初め全ての皆様、

    本当に申し訳ございませんでした。

    そして、ありがとうございました。

     
    次回は2月24日(土曜)
    アースビジョン多摩映画会にて
    13:00より
    私が製作した『PHANTOM オブ PARADISE』が
    上映される事になりました。
    会場はパルテノン多摩・小ホール(と言っても300名以上収容)
    私の作品の他、
     
    『残されし大地』
    『ZAN ~ジュゴンが姿を見せるとき~』
    『原発の町を追われて3・双葉町・ある牛飼いの記録』
    が上映されます。

    「原発の町を追われて」堀切さとみ監督+鵜沼久江さんトークもあるそうです。私も観客として来場する予定です。
    どうぞよろしくお願い致します。

    http://taenoha.com/ev

     

    映画「はな子さんからのメッセージ」

    国内最高齢を記録し、コンクリに立ち尽くす孤独な象として世界中で話題になった井の頭自然文化園のゾウのはな子さんが遂に映画化されました!!
    はな子さんの元に通い続けた動物ディレクター佐藤栄記が自ら撮った
    はな子さんの生前の貴重映像を井の頭自然文化園の許可を得て公開。
    はな子さんを取り上げた初めてのドキュメンタリー映画です。
    誰も知らなかった”日本一有名なゾウ”の衝撃の真実が明かされます。


    あらすじ)

    昨年2016年の5月26日に他界したゾウのはな子さんをご存知でしょうか?
    はな子さんは、第二次世界大戦後の混乱の日本へ、戦後初めての象としてタイからやって来ました。タイの人々が、「心身ともに傷付いた日本の子どもたちに癒しを」と、寄贈してくれたのです。当時まだ2歳の小象だったはな子さんは、以降、69歳で亡くなるまで、日本の子ども達を励まし、楽しませ、癒し続けてくれました。
     

    しかし、これはあくまで人間側から見た一方的な話です。遠い異国より、10日間に及ぶ船旅をして日本に辿り着き、東京武蔵野市にある井の頭自然文化園でその生涯のほとんどを、たった1頭で過ごしたはな子さん。そのゾウ舎はあまりにも狭く、10秒で端から端まで歩ける程でした。

    生き物の一生って、何なのでしょう?
     

    ゾウのはな子さんと、我々日本人にとって最も身近な魚のひとつであるサケの一生を通じ、
    自分以外の一生について想いを馳せてみる異色のショート・ドキュメント映画です。井の頭自然文化園より特別な許可を頂き、佐藤栄記が撮ったはな子さんの生前の未公開映像から、はな子さんの想いを察していきます。
    是非、ご家族連れでご覧頂きたい命をテーマにした最新の短編記録映画です。41分。

    最新作 映画『CHASE!~消された群像~』

    日本で一番有名な蝶と言えば、アゲハチョウとモンシロチョウではないでしょうか。けれども、今年あなたは、モンシロチョウを見ていますか?

    モンシロチョウは現在、全国的に激減しているようです。

    そして、民家の軒先に巣を作り、人間の暮らしと密接に関わりながら生きてきたツバメも、年々その数を減らしています。

    『CHASE!~消された群像~』は、私達にとって身近な存在であったはずのモンシロチョウとツバメにスポットを当てた、佐藤栄記の最新動物ドキュメンタリー映画となります。


    東京23区内に忽然と姿を現した数百匹のモンシロチョウの群...

    蝶の楽園と思われたその場所に待ち受けていた悲劇とは...


    ツバメがのびのびと飛び交う地方の駅での光景や、関東某所に出現した推定数万羽もの大群の様子など、およそ5年に及ぶ佐藤栄記の渾身の追跡取材によって、知られざるツバメ達の貴重な映像の撮影に成功致しました。

    昨今、このような迫力のある、生物の生態と現状を追った映像作品はテレビ番組ではもはや制作出来なくなってきていると危惧しております。

    小さなこども達から、ご年配の方まで、幅広い世代の方々へ、我々の身近に生きる生きものたちへの興味や理解を深めていくことが出来るようと願っております。当作品は、12月23日が記念すべき初公開日となります。約70分。

    映画『PHANTOM PARADISE』

    東京の都心部に在りながら、人がいない草原。

    そこでは、東京ではすっかり見られなくなってしまった生き物たちがひっそりと暮らしていました。

    チョウゲンボウ、モズ、トノサマバッタ、ギンヤンマ、アキアカネ、ハイイロゲンゴロウ・・・

    それは今、日本中で姿を消しつつある動物達でした。

    しかし、そこにある日3人の役人が。。。

    幻の楽園は長いフェンスによって封鎖され、中の植物たちは全て伐られていきます。

    そんな中で、男はひとり立ち上がり小さな命を救出していきます。


    佐藤栄記の真骨頂ともいえる執念の観察記録。都会の荒れ地の中でも、美しく神秘的に生きる、昆虫たちの命の輝きをどうぞご覧になって下さい。未就学児の幼いこども達や大人達まで幅広くファンが多い、佐藤栄記の代表作品です。104分。

  • 監督 佐藤榮記

    1962年東京生まれ。
    子ども時代を東京豊島区池袋周辺で過ごす。立教大学中退後、テレビ制作会社に入社。
    TBS「どうぶつ奇想天外!」の番組ディレクターとして人気シリーズを数多く手掛ける。特に、象使いの少年を扱った担当回では視聴率19.3%を記録する等TBSライブ社長賞等を多数受賞。
    現在は関東の生き物を中心に自主製作映画を撮り続けている。


    主な代表作品

    著書「動物トリビア図鑑」(東京書籍)
    2015年「東京2020」製作
    2016年「PHANTOM PARADISE」製作
    2017年「はな子さんからのメッセージ」製作
    2017年「CHASE!~消された群像~」製作

  • 上映会への映像作品の貸し出し、自主上映会企画など、随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡下さい。

    またテレビ・ラジオ・新聞等、各メディアで取材のご依頼もございましたらこちらからご連絡下さい。

    お問合せ